望クリニック

7/7ページ

AKA-博田法は、股関節の痛みにも効果があります

色々と忙しく、更新遅れて申し訳ありませんでした。 これまで腰痛の患者さんについて書いてきました 今回は 趣向を変えて 股関節の痛みについてです。 当院には、股関節の痛みで困っているという方もよくいらっしゃいます。 病名で多いのは、変形性股関節症、臼蓋形成不全あたりでしょうか。 整形外科では以下のような流れで治療を受けてくる方が多いようです。 ①:股関節の痛みに対して、まず痛み止めなどの薬 […]

どんな時にAKA-博田法を受けるのがいいんですか?③自分の腰の痛みの原因を知りたい

自分の腰の痛みの原因についてもっと知りたいと思っている時にAKA-博田法は有効 以前ブログで、 レントゲンやMRIはあてにならないの回で 腰痛のおよそ85%は、医師の診察を受けて、レントゲンやMRI等の画像検査をしても原因不明であると書かさせていただきました。(この事は、整形外科の教科書にも記載されています) これって、大変な事だと思います。 従来のレントゲンやMRIによる診断法で原因がわかる腰痛 […]

腰痛で困っています。手術とAKA-博田法は、どちらを先にやるのがいいんですか?

私は、基本的にAKA-博田法を先に受けた方がよいと考えています。 AKA-博田法を先にやる事で腰痛が改善されれば、仙腸関節の機能障害と診断できるため、 手術を受ける必要がなくなるからです。 おすすめとしては、以下のような順序がよいかと思っております。 腰痛→AKA-博田法→腰痛の改善あり→仙腸関節の機能障害なので治療はAKA-博田法→腰痛の改善なし→レントゲンやMRI等で神経障害を疑う所見あれば手 […]

関節の動きが悪くなると、どんな事が起こるの?

関節の動きが悪くなって、関節の機能が失われた状態を関節機能障害と言います。 関節の機能障害は、特に仙腸関節の様な動きの少ない関節に起こりやすく、 関節機能障害により起こってくる症状は主に以下の様なものがあります。 痛み、しびれ等の感覚異常、筋緊張(こわばってくる方が多いです)、運動障害。 この症状なにかとにてませんか? そうです、神経の障害で起きてくる症状と関節の機能障害と起きてくる症状はかなり似 […]

AKA-博田法ってなに?なんのためにやるの?

AKA-博田法はもともとは関節の拘縮(動きの悪い関節)を治す為に博田節夫医師が開発されたものです。その研究過程でAKA-博田法で関節の動きを改善すると痛みやしびれに効果がある事がわかり、痛みやしびれの治療法として用いられるようになってきました。 わかりづらいですよね。 簡単に言うと、 AKA-博田法は、関節の動きを徒手的によくする治療です。望クリニックでは、関節の動きが悪くなった事が原因で起こる、 […]

副院長の住田憲祐です。

はじめまして、望クリニック副院長の住田憲祐です。 私は、AKA-博田法を用いて、関節の機能が障害されたことで起こる痛みやしびれを診断し治療する事を専門にしております。 当院には毎日のように整形外科で腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、変形性股関節症等と診断され、治療を受けているのに良くならないという患者さんがいらっしゃいます。 もちろんAKA-博田法はなんでも治せる魔法の治療では […]

1 7