1/2ページ

米倉涼子さんの仙腸関節障害について②

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 米倉涼子さんによって知られるようになった仙腸関節障害。 前回のブログについて、もう少し分かり易い説明が欲しいというご意見があったので、改めて説明致します。少し長くなりますがお付き合いください。 ご存知の通り、関節は身体の動く部分です。 例えば、肘や膝の関節は目で見て分かるくらい大きく動きます。               これに対して、仙腸関節は仙 […]

米倉涼子さんの仙腸関節障害について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 女優の米倉涼子さんがブロードウェイミュージカル「CHICAGO」を降板しました。2012年以降、待望の4度目のブロードウェイ出演といわれていましたが、ご本人やファンの方には残念なことでしょう。 気になる降板理由は「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」です。 報道によると、「酷い痛みや歩行困難のなか活動を続けていたが、舞台でパフォーマンスを […]

完治する症状としない症状について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 これまでブログでご説明したように、怪我以外の整形外科の痛みやシビレの多くは、仙腸関節を主とした関節機能障害が原因です。そして、治療をすれば多くの方は良くなります。 しかし、良くなる迄の期間や、どの程度症状が改善するかは個人差があります。 患者様から「私は治りますか?」とよく聞かれますが、関節機能障害が原因であっても完全には治り切らない場合があります […]

育児と腰痛(後編)

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 前半では、”腰痛ママ”の実態調査から、多くの母親が腰痛に悩んでいることがわかりました。 後半では、どのような腰痛対策をしているかをお話し致します。 2016年11月、第一三共ヘルスケア株式会社が0〜1歳児をもつ女性1032人に調査した『”腰痛ママ”実態調査』によると以下の通りです。 ①腰痛対策はストレ […]

育児と腰痛(前編)

こんにちはAKA-博田法指導医の住田憲祐です。 妊娠出産に伴う腰痛はよく知られています。 第一三共ヘルスケア株式会社が2016年10月に、全国の0〜2歳の子供をもつ女性4978人に実施した「子育てママの全国実態調査」によると、 「ママの体調は妊娠中よりも産後の方が大変」と答えた方が58%でした。出産前にはなくて出産後発症した不調は以下の通りです。  第1位:腰痛 第2位:骨盤周りのトラブル 第3位 […]

圧迫骨折後の腰痛について

こんにちはAKA-博田法指導医の住田憲祐です。 「尻餅や転んで背骨を圧迫骨折した」というお話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。 圧迫骨折は骨粗鬆症のある高齢者に起こりやすい怪我です。受傷当初の痛みは骨折としての治療が必要です。骨がくっつき痛みが無くなれば問題ありません。 骨がくっついても痛みが残る場合がある しかし、骨折して3ヶ月以上経っても痛みが残る場合があります。レントゲン写真で見る […]

坐骨神経痛について

こんにちは、望クリニック副院長・AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 今日は坐骨神経痛についてお話致します。 坐骨神経痛とは病名ではない 「坐骨神経痛」は一般の方にも広く知られている言葉です。 「持病の坐骨神経痛が発症した」「立ちっぱなしでいると坐骨神経痛がひどくなる」 といった具合に、ヘルニアと同じくらい日常的によく聞きます。 しかし、「坐骨神経痛は病名ではなく、症状名である」ということをご存知 […]

間欠性跛行について

こんにちは、望クリニック副院長・AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 みなさんは間欠性跛行という症状をご存知ですか? 歩くと足腰に痛みや痺れが起こり、少し休憩すると回復してまた歩ける。歩行時にこれを繰り返すという症状を間欠性跛行といいます。 整形外科の病気では、腰部脊柱管狭窄症(以下、狭窄症)や腰椎スベリ症(以下、スベリ症)で見られる症状です。 間欠性跛行は、1度に歩ける距離に個人差があります。1 […]