望クリニック」タグアーカイブ

痛い時に必要な「安静」とはどんな状態か?

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

当院ではAKA-博田法で治療する他に、日頃の注意として「安静」をお願いしております。

仙腸関節の動きが悪いだけであれば、AKA-博田法で治療すれば早期に良くなります。しかし、仙腸関節に炎症まで起こると、症状は強くなり治療が長期化します。

特に望クリニックの患者様は、他の医療機関で良くなっていない方が多いため、仙腸関節に炎症を起こしている方が多くを占めます。

「安静」のイメージは人により異なるかもしれません。

AKA-博田法でいう「安静」とは、「仙腸関節にとっての安静」です。

例えば、ソファにのんびり座っていると、一般的には安静と言えるでしょう。しかし、仙腸関節には上半身の重さがかかるため、仙腸関節にとっては安静ではありません。長時間座っていた後の、動きはじめが痛いという方は結構多いのです。これは、座っている間に仙腸関節に負担が加わり、動きが悪くなってしまうためです。

仙腸関節が最も安静なのは、下のイラストのような姿勢です。

・左右いずれかのつらい側を上にして横向きで寝る

仰向けで膝の下にタオルのようなものを入れ、少し膝を曲げて寝る

左右両側に症状がある場合は、横向きに寝て時々寝返りをする

眠るときもこの姿勢をおススメします(一旦、眠ってしまうとわからないため、気付いた時に努める程度で大丈夫です)。

また、安静が必要とわかっていても、やらなければならないこともあるでしょう。その場合、「出来るだけ楽な方法や、より症状が発症しにくい方法」で行ってください。

例えば買い物に行く場合、歩くと足腰が痛くなる方は、自転車の方が楽であればそうしてください。また、自転車よりもバスの方が楽であれば、バスを利用した方が良いでしょう。このように、安静が難しい場合は、より楽な手段で行うことをおススメ致します。

そして、症状がない状態で生活できていれば、ある程度は安静が保てていると考えてよいでしょう。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

米倉涼子さんの仙腸関節障害について②

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

米倉涼子さんによって知られるようになった仙腸関節障害。

前回のブログについて、もう少し分かり易い説明が欲しいというご意見があったので、改めて説明致します。少し長くなりますがお付き合いください。

ご存知の通り、関節は身体の動く部分です。

例えば、肘や膝の関節は目で見て分かるくらい大きく動きます。               
これに対して、仙腸関節は仙骨と腸骨が接する動きのとても少ない関節です。動きの幅は少ない方で1ミリ、多い方で3ミリと言われています。

また、仙腸関節は骨格の構造上、上半身の重さが加わるようになっています。

そのため、ちょっとしたきっかけで仙骨と腸骨の間で引っ掛かったようになり、動きが悪くなりやすいのです。

仙腸関節の動きが悪くなると、関節反射という特殊な反射により、身体のさまざまな部位の筋肉に異常な収縮が起こります。
その筋肉の異常な収縮を、痛みやシビレ、コリ等といった症状として感じます。腰だけでなく、膝や股関節、首肩、手足の症状も仙腸関節に原因があるのはそのためです。

仙腸関節はいったん引っ掛かかって動きが悪くなると、自力で改善することは難しくなります。
そして、動きが悪い状態を放置したり、その状態でストレッチ体操等の運動をすると、仙腸関節に炎症(これを仙腸関節炎という)が起こることがあります。炎症迄起こると症状が強くなったり慢性化したりします。なかには、激痛やシビレで歩くことすら難しくなることもあります。

米倉涼子さんも報道を見る限り、
仙腸関節の動きが悪くなっていることに加えて、仙腸関節に炎症も起きているのでは? と予想します。

この様に、仙腸関節の動きが悪くなったり、炎症を起こしている状態を、AKA-博田法では仙腸関節機能障害といいます。

肝心なのは、仙腸関節(機能)障害はどの様にすれば良くなるか?ですね。

仙腸関節の問題は主に2つです。
1つは仙腸関節の動きが悪いということ。そして、もう1つは仙腸関節(赤い部分)

が炎症を起こしていることです。

AKA-博田法は仙腸関節の動きを良くする治療です。仙腸関節の動きを良くして安静にしていると、仙腸関節の炎症も軽減してきます。一般的に仙腸関節の炎症が治ると症状はかなり軽減します。

しっかりと治療をして、安静にすることが治癒への早道です。

私が早めの治療を勧めるのは、仙腸関節に炎症が起こる前に治療をすると、治りが早いためです。
米倉涼子さんも、仙腸関節の動きが悪いなか、頑張ってミュージカルの練習をされたのでしょう。
それにより、仙腸関節に炎症が起こり強い症状に至ったのかも知れません。

あらためて米倉涼子さんの回復と活躍を願っております。

※本文の仙腸関節障害は、AKA-博田法でいう仙腸関節機能障害と同じ意味とお考え下さい

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

米倉涼子さんの仙腸関節障害について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

女優の米倉涼子さんがブロードウェイミュージカル「CHICAGO」を降板しました。
2012年以降、待望の4度目のブロードウェイ出演といわれていましたが、ご本人やファンの方には残念なことでしょう。

気になる降板理由は「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」です。

報道によると、「酷い痛みや歩行困難のなか活動を続けていたが、舞台でパフォーマンスをするには程遠い状態」とのことです。

仙腸関節障害(AKA-博田法では仙腸関節機能障害という)は、仙腸関節の動きが悪くなることに加え、炎症が酷くなると激痛で日常生活も困難になることがあります。

また、米倉さんは、他に急性腰痛症とも診断されています。

じつは急性腰痛症の多くは仙腸関節機能障害が原因です。
つまり、痛みは仙腸関節の機能障害を治療すると良くなる可能性が高いのです。

これまで、腰痛はレントゲンやMRIに写る「ヘルニア」「狭窄」といった神経の圧迫や、「変形」をその原因と考えられていました。
しかし、最近ようやく仙腸関節障害( AKA-博田法でいう仙腸関節機能障害)が、腰痛の原因として認知される様になってきました。

米倉さんの仙腸関節が良くなり、活躍出来ることを願っております。

※本文の仙腸関節障害は、AKA-博田法でいう仙腸関節機能障害と同じ意味とお考え下さい

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

受験勉強と腰痛

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

受験勉強という言葉で腰痛をイメージする方は、その経験のある方でしょう。

高校や大学受験だけでなく、社会人になっても資格取得のために受験勉強をすることがあります。

大学受験生では、多い日には8〜10時間近く勉強する日もあるようです。

長時間机に向かい勉強をしていると、腰痛に悩まされ、酷くなると勉強に集中出来なくなります。

腰痛に良いといわれる椅子やクッションを併用しても、なかなか良くなりません。

長時間の座りっぱなしは腰痛の原因として多いのです。

例えば、
椎間板への圧力は立位を100とすると、座位では140と言われています。
つまり、座位の方が負担が大きいのです。
仙腸関節は椎間板とは違いますが、同じ脊椎の一部なのでそれに近い力が加わっている可能性があります。

長時間座りっぱなし ⇨ 仙腸関節に負担が加わる ⇨ 仙腸関節の動きが悪化 ⇨ 腰の周りの筋肉が過緊張を起こし腰痛を発症  となります。

このことから、長時間座りっぱなしが痛みの原因となることは当然といえるでしょう。

予防としては、休憩をこまめに取り前後屈の体操(イラスト)をすると良いでしょう。

そして、治療はAKA-博田法で治療をすることです。

治療をすることで、痛みを少ない状態に抑え込むことが期待できます。

特に20歳前後であれば関節が柔らかいため、受験が終わると負担が減り痛みは楽になるでしょう。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

関節の老化について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

痛みに悩む患者様からは、
「以前はこんなことは無かったのに…」という言葉をしばしば聞きます。

ほかにも、
「何故このようになってしまったのか…」
「何も悪いことはしていないのに…」
その言葉からはやりきれない思いが伝わってきます。

私達の身体は日々老化しています。
皮膚には皺が増え、筋力も乏しくなります。

同様に関節にも老化は訪れます。

関節の老化とは、軟骨がすり減って硬くなることです。

これは40歳頃よりはじまり、70歳を超えると顕著になると言われています。

老化自体は病気ではありません。そのため、老化だけで痛みやシビレが起こるわけではありません。
しかし、仙腸関節が老化して関節が硬くなると、ちょっとしたことで痛みが起こりやすくなったりします。

そのため、高齢の方は若い方に比べ、治療期間が長くなったり、定期的な治療が必要になったりします。

痛みやシビレを発症すると、関節はさらに硬くなることがあります
例えば、膝や股関節の痛みが続くと、関節が固まってしまうことがります。こうなると完治は難しくなります。

また、ストレッチ体操や筋力トレーニングを行うと、かえって痛みやシビレが悪化する可能性があります。

患者さんができることは、痛みやシビレを発症しないような生活を心がけることと、AKA-博田法で根本から治療することです。

治療で関節が若返るわけではありませんが、痛みやシビレの改善は期待できます。

痛みやシビレを発症したら、なるべく早く治療することをおススメ致します。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

完治する症状としない症状について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

これまでブログでご説明したように、怪我以外の整形外科の痛みやシビレの多くは、仙腸関節を主とした関節機能障害が原因です。
そして、治療をすれば多くの方は良くなります。

しかし、良くなる迄の期間や、どの程度症状が改善するかは個人差があります

患者様から「私は治りますか?」とよく聞かれますが、関節機能障害が原因であっても完全には治り切らない場合があります

治療をすると楽にはなっても、時間の経過とともに再発をしてしまうのです。

以下のような方が完治しにくい方に該当します。
①仙腸関節が老化して硬くなっている方
70歳以上の方に多く見られます。
仙腸関節は軟骨がすり減りとても硬くなっています。治療をすると関節は動いて症状は軽減しても、完全には回復しません。

②体質的に関節が弱い方
例えば体質的に胃腸が弱い方や肌が弱い方がいらっしゃる様に、関節が弱い方もいらっしゃいます。
このタイプは自律神経が過敏で関節の動きが悪くなり易く、再発しやすい傾向があります。

③関節の遊びが少なく、仙腸関節を安静に出来ない方
運動量が多く、日常的に仙腸関節への負担が多い方。
例えば、スポーツ選手や肉体労働に携わる方などがそうです。
仙腸関節の安静が保てず炎症が治まらないため、痛みが慢性化することがあります。

このような方は、AKA-博田法で定期的に治療をすることで、より痛みやシビレを少ない状態に抑え込み、日常生活を楽に過ごすことが目的となります。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

育児と腰痛(後編)

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

前半では、”腰痛ママ”の実態調査から、多くの母親が腰痛に悩んでいることがわかりました。

後半では、どのような腰痛対策をしているかをお話し致します。

2016年11月、第一三共ヘルスケア株式会社が0〜1歳児をもつ女性1032人に調査した『”腰痛ママ”実態調査』によると以下の通りです。

①腰痛対策はストレッチや家族のマッサージ頼み
②”腰痛ママ”の75%が腰痛予防をしていなかったことを後悔している
③腰痛の不安は子育て期間だけでなく、将来も続くと感じている
④8割以上の”腰痛ママ”が腰痛と筋肉の関係性を知っている
⑤”腰痛ママ”は出産前後の”筋肉の回復ケア”が不十分

多くの方が腰痛と筋肉が関係していて、マッサージやストレッチ等のケアの必要性を感じているようです。

AKA-博田法では、腰痛の多くが腰の筋肉の異常な収縮(緊張)を痛みとして感じていると考えます。

筋肉の状態が痛みと関係しているという点では多くの方の認識と同じですが、その原因が仙腸関節にあると考えるのがAKA-博田法の特徴です。

つまり、筋肉に痛みを発症するのは仙腸関節に異常がある為というわけです。

育児には仙腸関節へ負担がかかる動作が多々あります。また、赤ちゃんが大きくなるのに伴い仙腸関節への負担は増します。

例えば赤ちゃんを抱き上げる時は、中腰になって起こします。
中腰姿勢は仙腸関節が不安定な状態です。
その状態で力が加わるため、機能障害(関節の動きが悪くなる)を起こすのです。
しかも、育児に追われていると。なかなか治療を受ける余裕がありません。

「子育てをしているのだから仕方ない」と我慢して慢性化する方もいらっしゃいます。

赤ちゃんが抱っこが不要になる迄は、治療で良くなっても痛みが再発することがあります。
しかし、定期的に治療することで、痛みを少ない状態に押さえ込むことが期待出来ます。

AKA-博田法の治療頻度は月に1〜2回です。
忙しい方でも比較的受診しやすい頻度です。
しかも、痛みの根本から治療する為、効果も期待できます。

“腰痛ママ”の実態調査によると、母親の腰痛が家族全体に影響することがわかります。

私もしっかりと治療して皆様の育児に協力できるように頑張りたいと思います。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)

https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-link

育児と腰痛(前編)

こんにちはAKA-博田法指導医の住田憲祐です。

妊娠出産に伴う腰痛はよく知られています。

第一三共ヘルスケア株式会社が2016年10月に、全国の0〜2歳の子供をもつ女性4978人に実施した「子育てママの全国実態調査」によると、

0歳児の母親では実に4人に3人が腰痛に悩んでいるようです。

「ママの体調は妊娠中よりも産後の方が大変」と答えた方が58%でした。出産前にはなくて出産後発症した不調は以下の通りです。

 第1位:腰痛
 第2位:骨盤周りのトラブル
 第3位:肩こり・首の痛み
              

不調の上位3症状と仙腸関節の関係を見てみると、第1位の腰痛はもちろん、臀部や股関節などの骨盤周りの症状や、頸肩の痛みやコリなど仙腸関節が原因の可能性がある症状が上位を占めています。

つまり、多くの産後の症状に仙腸関節の異常が関係していると考えられます。

また、腰痛は母親としての自信等、精神面にも影響しているようです。

同社が2016年11月、 0〜1歳児をもつ女性1032人に行った調査では、

・腰痛がママの気持ち迄ネガティブにしてしまう
・腰痛を感じるのは「育児をしている時」が90%でトップ
・腰痛のせいで子供と遊ぶのが億劫になるママは60%以上
                         となっています。

このように、腰痛は育児期の母親にとって大きな問題でもあるのです。

次回は育児期の腰痛治療についてお話し致します。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)

https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-link