間欠性跛行

間欠性跛行について

こんにちは、望クリニック副院長・AKA-博田法指導医の住田憲祐です。 みなさんは間欠性跛行という症状をご存知ですか? 歩くと足腰に痛みや痺れが起こり、少し休憩すると回復してまた歩ける。歩行時にこれを繰り返すという症状を間欠性跛行といいます。 整形外科の病気では、腰部脊柱管狭窄症(以下、狭窄症)や腰椎スベリ症(以下、スベリ症)で見られる症状です。 間欠性跛行は、1度に歩ける距離に個人差があります。1 […]

脊柱管狭窄症について

こんにちは、望クリニック副院長・AKA‐博田法指導医の住田憲祐です。 今回は脊柱管狭窄症についてお話し致します。 脊柱管狭窄症は脊柱管という脊髄神経の通る部分が狭くなり、なかの神経や血管を圧迫することで様々な症状を引き起こす病気です。 老化による椎間板や靭帯の変性、肥厚(分厚くなっている状態)により、神経の通り道が狭くなるため起こります。 なかでも腰の部分で起こる腰部脊柱管狭窄症は腰痛の原因として […]