ぎっくり腰も仙腸関節が原因⁉

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

皆様のなかにぎっくり腰を経験された方はいらっしゃいますか?

あの痛みは強烈ですよね。

「普段の腰痛とは違う何か」が起きているのでは?と不安になった方もいらっしゃるでしょう。

では、ギックリ腰の原因は何でしょう?

日本整形外科学会のホームページによると、以下の様に分類できます。

①腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかって怪我をしたような状態(捻挫、椎間板損傷)

②腰を支える筋肉やすじ(腱、靭帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷

③椎間板ヘルニアや中年以上では腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)

④がんが転移して弱くなった背骨の骨折(病的骨折)や、ばい菌による背骨や軟骨(椎間板)の化膿など重大な原因が潜んでいる可能性

ギックリ腰は仙腸関節の捻挫 

これに対して望クリニックでは、ギックリ腰の多くは仙腸関節の捻挫のような状態と考えています。

重い物をもった時等の力が仙腸関節に加わり、仙腸関節の動きが悪くなったり、炎症を併発してしまうのです。

①~④では①が近いかもしれませんね。

一般的な整形外科ではレントゲンやMRIで異常が無ければ、鎮痛剤やコルセットをして安静を勧めます。

これに対し、望クリニックでは、AKA-博田法で積極的に仙腸関節を治療していきます。

治療により、痛みが変化すれば、仙腸関節の機能障害が原因であると診断します。

慢性腰痛の方で、

「長年にわたりギックリ腰を繰り返している方」や

「決まった時期にギックリ腰をする方」がいらっしゃいます。

仙腸関節の動きが悪くなり、慢性の炎症も起こしているため、痛みを繰り返すのです。

こういった方は、仙腸関節を治療すると痛みは良くなり、再発しにくくなります。

急性のギックリ腰も、多くは仙腸関節の機能障害が原因です。

仙腸関節に炎症がなく、動きが悪くなっているだけであれば、治療直後から痛みはかなり軽減します。

これに対し、怪我に近い急性の炎症がある場合、治療直後はやや痛みが軽減しても、その場ですっかり良くなることはありません。

しかし、治療しておくと仙腸関節の炎症が収まりやすくなり、痛みは徐々に収まっていきます。

つまり、関節を動かすことで炎症が収まり、痛みが良くなる状況を作ることが出来るのです。

なかには、ギックリ腰をした後に、治療をしなくても治ってしまったという方がいらっしゃいます。

これは、ギックリ腰をした時に動きが悪くなった仙腸関節が、自然に回復して良くなったのです。

しかし、偶然良くなっただけで、この様な対応はお勧めは出来ません。

 激痛は収まっても慢性化している方が多い 

治療をしていない方は、当初の強い痛みはおさまっても、時々無理をすると痛みが出たり、それ以降慢性化している場合が多いのです。

これは、受傷直後の強い仙腸関節の炎症は軽減したものの、完全には収まっていなかったり、動きが悪い状態が残っているためです。

また、ギックリ腰の多くは仙腸関節が原因ですが、なかには他の原因のこともあります。

思わぬ病気が潜んでいたなどということもあるため、他の疾患の可能性を考えつつ、AKA-博田法で慎重に診断し、治療する必要があります。