完治する症状としない症状について

こんにちは、AKA-博田法指導医の住田憲祐です。

これまでブログでご説明したように、怪我以外の整形外科の痛みやシビレの多くは、仙腸関節を主とした関節機能障害が原因です。
そして、治療をすれば多くの方は良くなります。

しかし、良くなる迄の期間や、どの程度症状が改善するかは個人差があります

患者様から「私は治りますか?」とよく聞かれますが、関節機能障害が原因であっても完全には治り切らない場合があります

治療をすると楽にはなっても、時間の経過とともに再発をしてしまうのです。

以下のような方が完治しにくい方に該当します。
①仙腸関節が老化して硬くなっている方
70歳以上の方に多く見られます。
仙腸関節は軟骨がすり減りとても硬くなっています。治療をすると関節は動いて症状は軽減しても、完全には回復しません。

②体質的に関節が弱い方
例えば体質的に胃腸が弱い方や肌が弱い方がいらっしゃる様に、関節が弱い方もいらっしゃいます。
このタイプは自律神経が過敏で関節の動きが悪くなり易く、再発しやすい傾向があります。

③関節の遊びが少なく、仙腸関節を安静に出来ない方
運動量が多く、日常的に仙腸関節への負担が多い方。
例えば、スポーツ選手や肉体労働に携わる方などがそうです。
仙腸関節の安静が保てず炎症が治まらないため、痛みが慢性化することがあります。

このような方は、AKA-博田法で定期的に治療をすることで、より痛みやシビレを少ない状態に抑え込み、日常生活を楽に過ごすことが目的となります。

記事執筆責任者-AKA-博田法指導医住田憲祐(医師)
https://sugamo-ekimae-cl.com/blog/wp-admin/post.php?post=350&action=edit#site-title-pseudo-li

AKA-博田法 | 慢性痛 | 整形外科 | 望クリニック | 治りにくい腰痛 | 老化 | 腰痛 | 腰痛完治